住宅ビジネスフェア2020 / 非住宅 建築フェア2020

2020年9月24日(木)・25日(金)
東京ビッグサイト 10:00~17:00

特別講演&専門セミナー

業界第一人者による特別講演と、今すぐ活用できる最新工法やマーケット動向などを網羅した専門セミナーを開催。

※特別講演は事前申込み制です。申込み開始まで今しばらくお待ちください。

※各講演のタイムスケジュールは確定次第、当ホームページにてお知らせします。
※登壇者、内容が変更になる場合がございます。

セミナータイムテーブル

特別講演

特別講演タイムテーブル

専門セミナー

専門セミナータイムテーブル

【A4サイズでプリントできるPDFはこちら】

 

 

特別講演専門セミナー

特別講演

5月14日(木)
3Dプリンターが建築分野で果たす役割~最新事例と今後~

世界をリード!日本独自の建設用3Dプリンター技術

(株)イエイリ・ラボ 代表取締役 / 建設ITジャーナリスト
家入 龍太 氏

家入 龍太 氏
詳細 ▼

海外に比べて数年遅れていた日本の建設用3Dプリンター技術は最近、急ピッチで世界レベルに追いつきはじめた。さらに荷重を支える構造部材や橋梁の製作では、世界をリードする技術も現れ始めている。大手建設会社を中心に進む3Dプリンター関連の技術開発の動向や、建設業の生産性向上を実現するための3Dプリンター活用戦略、さらには日本が対抗すべき海外の最新技術を、豊富な実例を交えながら動画を使って解説する。

プロフィール

BIM/CIMや情報化施工などの導入により、生産性向上、地球環境保全、国際化といった建設業が抱える経営課題を解決するための情報を「一歩先の視点」で発信し続ける建設ITジャーナリスト。新しいことへのチャレンジを「ほめて伸ばす」のがモットー。公式サイト「建設ITワールド」や日経BP社、Yahoo! ニュースなどで積極的に情報発信を行っている。「年中無休・24時間受付」の精神で、建設・IT・経営に関する記事の執筆や講演、コンサルティングなどを行っている。

3Dプリンティングの建築都市分野への応用

慶應義塾大学 環境情報学部 教授
田中 浩也 氏

田中 浩也 氏
詳細 ▼

コンクリートおよび樹脂による3Dプリンティングの建築都市分野への応用に関する最新の事例と、慶應義塾大学SFC研究所で開発している3Dプリンタ前提設計=DfAM (Design for Additive Manufacturing)のソフトウェア・ツール群を紹介する。さらに3Dプリンティングを未来の「スマートシティ」の大きな文脈の中に位置づけ、2030年までの大きなロードマップを提示する。

プロフィール

慶應義塾大学環境情報学部教授。1975年札幌市生まれ。工学博士(社会基盤工学)。2010年MIT建築学部客員研究員。市民包摂型ものづくり施設「ファブラボ」の日本における発起人で2011年に「ファブラボ鎌倉」を設立。2012年慶應義塾大学SFC研究所「ソーシャルファブリケーションラボ」設立。2015年より文部科学省COI「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」慶應グループ研究リーダー。デジタルファブリケーションの可能性を「技術」と「社会」の両面から研究・実践している。第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長、経済産業省「フロンティアメイカーズ育成事業」プロジェクトマネージャ、総務省「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」座長など歴任。

地震・台風・異常気象 迫りくる災害に対してできることとは

最新の事例から見る、いま市民が求めている住宅への防災ニーズとは?

(一社)減災ラボ 代表理事
鈴木 光 氏

鈴木 光 氏
詳細 ▼

近年、毎年のように起こる大規模災害もあり、新規や中古、分譲地やマンション等の住宅ジャンルに限らず、住民、管理組合、行政、企業等からの防災・減災に関する「学び」の機会の依頼が急増しています。そして、購買者も災害リスクや備えについて学んでいるという事実があります。もはや、「安全ですよ」という言葉だけでは、安全・安心を納得してもらえない状況です。提供する側も学び、正しく災害リスクを伝え、状況に応じて、適切な自助・共助を促し、サポートしていかなければいけません。最新の事例を通じて、消費者も提供者も双方が歩みよる「減災」についてお話しします。

プロフィール

鈴木 光(すずき ひかり)一般社団法人減災ラボ 代表理事 減災アトリエ主宰、防災図上訓練指導員 建設コンサルタントで9年間、環境と防災分野に従事。全国各地の自治体職員、地域住民、学校、企業等に、防災ワークショップ、防災講座、講演会、訓練企画、コンサルティング等を実施。地域の災害リスクの理解を深める減災教育プログラム「my減災マップR」を考案し、各地の学校教育現場、自治体、自主防災活動等で取り入れられている。

戸建住宅への耐震提案

(株)ダブルエー・ホールディングス 代表取締役 兼 CEO
皆川 一 氏

皆川 一 氏
詳細 ▼

戸建住宅の耐震対策の意識はまだまだ低い、そこで住んでいる住人がリアルに耐震を「実感」できる耐震セミナーの開催方法や目から鱗の講義内容を伝授!耐震補強施工を考えているリフォーム会社や工務店は必見のセミナー

プロフィール

【建築士/塗装技能士/外装劣化診断士/耐震技術認定者/雨漏り診断士/太陽光発電アドバイザー/防災士】
2013年、21世紀に対応する建築業の新たな経営スキームの開発、育成、実践のシンクタンクとして株式会社WAホールディングス(WAHD)を設立、代表取締役社長兼CEOに就任する。
現在は、WAHDグループ企業の一級建築士事務所アカデメイアの代表取締役会長を兼務する。

ゲリラ豪雨等による浸水被害対策

文化シヤッター(株) 商品開発部 開発一部 課長
廣瀬 誠 氏

廣瀬 誠 氏
詳細 ▼

近年の異常気象により、日本各地でゲリラ豪雨による災害(浸水被害)が社会問題となっております。
今回、「ゲリラ豪雨等による浸水被害対策」をテーマとし、水害の発生状況、浸水被害のリスク、浸水対策について講演させて頂きます。

プロフィール

文化シヤッターグループは、ゲリラ豪雨による浸水対策のソリューションを提供する「止水事業」を取り組んでおります。その中で、止水製品(止水マスターシリーズ)全般の商品開発を担当しております。

安全な現場環境を創るために

「全国低住協が提唱する、住宅現場の安全衛生対策」
~快適で安全・安心な職場環境実現へ~

〈挨拶〉
全国低層住宅労務安全協議会 副会長
加賀谷 敏信 氏
【モデレータ】
全国低層住宅労務安全協議会 顧問
大江 任 氏
【パネラ】選定中

加賀谷 敏信 氏
大江 任 氏
詳細 ▼

全国低住協の活動紹介と安全衛生保護具の選定から交換時期まで、安全動画と実際の製品をお見せしながら、わかりやすく解説します。

5月15日(金)
ますます注目される非住宅建築の木造化

これからの木材利用~みんなでウッド・チェンジ~

林野庁 林政部 木材利用課長
長野 麻子 氏

長野 麻子 氏
詳細 ▼

日本の森林資源は充実期を迎えており、木材の需要拡大が重要となっている。このような中、持続可能な社会の実現(SDGs)や地方創生が求められ、民間においても木材利用の機運が高まっている。また、建築基準法の改正や森林環境譲与税の運用などにより木材利用促進の環境整備も進んできている。このため、最近の木材利用をめぐる状況や公共建築物をはじめとする非住宅分野での木材利用の取組について説明する。

プロフィール

1994年4月農林水産省入省。 バイオマス・ニッポン総合戦略策定チーム、㈱電通出向、同省食品環境対策室長、大臣官房広報評価課長を経て2018年7月より現職。
各地で「ウッド・チェンジ」を合言葉に、国産材の需要拡大に取り組んでいる。

街を森にかえる<環境木化都市>を目指して W350計画

住友林業(株) 理事、筑波研究所長
中嶋 一郎 氏

中嶋 一郎 氏
詳細 ▼

住友林業は<街を森にかえる環境木化都市>の実現に向けて、創業350年の2041年に木造超高層建築物を実現する研究・技術開発構想<W350計画>を始動しています。建築構法・環境配慮技術・使用部材や資源となる樹木の開発など未来技術へのロードマップをご紹介します。

プロフィール

1958年12月 和歌山県生まれ
1981年 3月 大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業
1989年 4月 住友林業(株)キャリア入社
2008年 4月 住宅事業本部 商品開発部長
2010年 4月 コーポレート・コミュニケーション室長
2011年10月 知的財産室長
2016年 4月 筑波研究所長
2017 年6月 理事 筑波研究所長(現任)

非住宅の木造化・木質化の普及を支える当社の技術と課題

齋藤木材工業(株) 代表取締役社長
齋藤 健 氏

齋藤 健 氏
詳細 ▼
プロフィール

1984年齋藤木材工業に入社。1985年新設のナガト工場責任者として、集成材生産に従事。1988年日本で初めて唐松で構造用大断面集成材のJAS(日本農林規格)を取得。現在まで1200棟以上の木質建築物に携わる。代表作として、信州唐松を使用した松本市のやまびこドームや信州唐松耐火集成材を使用した東京都江東区の有明西学園などがある。2018年から代表取締役社長。

住宅マーケットの最新トレンドと将来予測

住宅は長寿命化できるのか

(株)LIFULL LIFULL HOME'S総研 副所長 チーフアナリスト
中山 登志朗 氏

田中 浩也 氏
詳細 ▼

インスペクションや瑕疵保険制度が本格的に導入され、民法改正によって瑕疵担保責任が契約不履行責任に替わった昨今の状況は、国が住宅政策について良好なストック型社会を目指していることを示している。
この現状を踏まえて、制度設計などの変化を考慮した住宅の長寿命化が住宅産業にどのような構造変化を齎すのかについて解説する。

プロフィール

出版社を経て不動産調査会社にて不動産マーケット分析、知見提供業務を担当。不動産市況分析の専門家としてメディアへのコメント提供、寄稿などを行うほか、年間多数の不動産市況セミナーで講演。
2014年9月よりLIFULL HOME’S相互研究所副所長に就任。国や各自治体ほかの審議会委員などを歴任。

ユーザートレンドと市況の「現在」を捉える!最新マーケットレポート

アットホームラボ(株) データマーケティング部 部長
磐前 淳子 氏

磐前 淳子 氏
詳細 ▼

東京2020オリンピック後の景況感、少子高齢化による市場縮小、細分化・変化していく顧客トレンド。
多様化する課題に対し、勝ち残る企業は「市況」「顧客」の変化にあわせて、デジタル(ICT・AI)の力で従来の営業スタイルを進化させています。
本セミナーでは、現在の市況・分譲マンションデータなどのストックデータを踏まえ、現状を「点」でなく、過去の変遷を含めた「線」で捉えた効率の良い提案につなげるヒントをご紹介します。

今ドキの20代は家を買うのか?

(株)リクルート住まいカンパニー
SUUMO編集長 兼 SUUMOリサーチセンター長

池本 洋一 氏

池本 洋一 氏
詳細 ▼

今ドキの20代は果たして家を買うのか?どこに住みたいと思うのか?どんな家や暮らしを望むのか?
SUUMOリサーチセンターによる20代研究からみる考察をお話しします。
「職住融合」「デュアラー」「性能体感キッズ」など捉えておくべきトレンドもお話します。

プロフィール

1972年滋賀県生まれ。1995年上智大学新聞学科卒。2011年よりSUUMO編集長。2019年よりSUUMOリサーチセンター長を兼任。
住まい領域のコメンテーター的な役割を果たす。社会資本整備審議会住宅宅地分科会(住生活基本計画見直し検討会)臨時委員,日本版CCRC構想有識者会議、ZEHロードマップフォローアップ委員会、など国交省、経済産業省、環境省、内閣官房などでの委員を歴任している。

住宅の『長寿命化』に向けて

長期使用対応部材(CjK部材)とは?

長期使用住宅部材標準化推進協議会
標準(共通)化評価委員会・委員長

津下 清志 氏

津下 清志 氏
詳細 ▼

長期使用対応部材(CjK部材)とは、長期にわたってメンテナンスを容易にする為に互換性をもたせた部品・部材です。当部材は、経済産業省の研究会の提言に基づき、住宅部品・部材の標準(共通)化の推進団体として設立された「長期使用住宅部材標準化推進協議会(長住協)」により定めています。

プロフィール

2010~2011年度:標準(共通)化評価委員長
2012~2015年度:基準書WGリーダー
2016~2017年度:事務局長
2018年度~現在 :標準(共通)化評価委員長
(積水ハウス株式会社 渉外部)

住み継ぎ、住まいの価値を次世代に繋ぐ「Best Value Home」
~住宅価値保証制度~

(一社)長寿命住宅普及協会 専務理事
唐澤 一雄 氏

唐澤 一雄 氏
詳細 ▼

日本の住宅も、優れた建築部材の普及、施工技術の向上、国による住宅基準の見直し・取組等により、高品質で長寿命な住宅が標準となって来ました。しかし、住宅価値評価においては、未だ20年程でゼロとみなされてしまうのが現状です。Best Value Homeは、高品質で長寿命な住宅を適正に評価し、将来の住宅価値を見える化・保証するという、全く新しい仕組みです。「思い出が詰まった大切な我が家はいつまでも残ってほしい」こんな思いから生まれた業界初の仕組みです。

特別講演受講申込み

 

 

マンションビジネス総合展の講演・セミナー情報はこちら

専門セミナー

※専門セミナーはどなたでもご聴講いただけます。直接会場にお越しください。

5月14日(木)
A会場
10:30-11:00

言った言わないのトラブルを解決!要望を整理して失敗させない家づくり。

(株)エフ・ディー・シー 開発本部 マネージャー
笠間 滋 氏

笠間 滋 氏
11:15-11:45

「酸化被膜工法?」
―安価な水道管劣化対策と空室率ゼロを同時実現―

都市拡業(株) 代表取締役
田尻 惠保 氏

田尻 惠保 氏
詳細 ▼
プロフィール

神奈川県立横浜平沼高等学校、一橋大学社会学部卒業卒業。1997年に一橋大学院博士課程を修了。1989年に都市拡業株式会社の代表取締役に就任し、現在に至る。
■特許
尿石除去剤(第5047385号)
処理液の測定装置(第3835761号)
水質改良器具(第1383078号)
水改質効果判定装置及び水改質効果判定方法(特願2013-22359)
改質水防錆効果判定装置及び改質水防錆効果判定方法(第5780539号)
鋼管錆劣化修復方法(JP-2015-067952)

12:00-12:30

点検時間を約70%短縮!屋根外装点検におけるドローン活用について

(株)CLUE 法人事業部 カスタマーサクセス担当
川西 航 氏

川西 航 氏
12:45-13:15

~左官文化の伝統と技術~ 職人の手仕事による現代にマッチする空間作り

ゲーテハウス(株) ウォール事業部
内藤 萌 氏

内藤 萌 氏
13:30-14:00

国土交通省採択・特許取得済 「図面をなぞる」簡単操作の全く新しい積算ツール「ズカラカズ」 

(株)理世化学 代表取締役
大澤 正樹 氏

大澤 正樹 氏
詳細 ▼
プロフィール

札幌を拠点とした住宅施工会社「株式会社リヨ・デ・ホーム」の代表でもある。住宅業界全般のコンサルタント業や他社の商品開発なども手掛ける。国土交通省からはこの事業とマツスマイル事業の採択を受けており、北海道とは道南杉の普及の為連携を取っています。とにかく建築が大好きな方です。

14:15-14:45

BIM型WEBで動作する3D&図面機能「ANP-WEB3D/BIM」

(株)ANP 代表取締役
曽山 英一 氏

曽山 英一 氏
詳細 ▼
プロフィール

建設・建築業界で今、話題になっている「BIM」これはすべてのデータを無駄なくリアルタイムに共有していくというしくみですが、このしくみで一番重要なものは「動作させるツール」です。現在、有名なツールはオートキャド社の「REVIT」ですが、当社(株式会社ANP)はこのツールを国内では初めてとなる対抗商品として「ANP-WEB3Dツール/BIM」を自社開発しております。このツールを利用した運用イメージを提案させていただきます。

15:00-15:30

AI・IoTで実現するスマートライフの現在と未来

(株)リブスマート Business Development
浜田 浩考 氏

浜田 浩考 氏
B会場
10:45-11:15

CVR2倍以上の実績多数!「データから改善施策を生み出す」手法

(株)WACUL カウントマネジメント統括部 執行役員 統括部長
松尾 龍 氏

松尾 龍 氏
詳細 ▼
プロフィール

横浜国立大学卒業後、楽天株式会社へ入社、営業・ECコンサルタントのマネージャーを歴任。 2015年オンサイト株式会社に入社し、大手食品メーカー・大手化粧品メーカーなどをクライアントとして、ECサイトの基盤構築からブランディング戦略の立案、マーケティング全般支援などを実施。 2018年株式会社WACULに参画し、事業開発責任者・マーケティング部長に就任。その後、2019年に、アカウントマネジメント統括部 執行役員 統括部長に就任。

11:30-12:00

今求められる、私たちのホームステージングとは

(株)ホームステージング・ジャパン 代表取締役
ルーカス・クハルスキー 氏

ルーカス・クハルスキー 氏
詳細 ▼
プロフィール

ドイツ・ベルリンの大学で美術史と日本研究を専攻。2008年、大学での研究をきっかけに日本に移住。友人の家を売却する際にホームステージング会社を探したが日本に無いことを知り、当時すでに欧米では浸透していた”ホームステージング”事業をいち早く始める。2013年、日本でのより高い質の住空間と感動の提供を目標に、株式会社ホームステージング・ジャパンを旗揚げ。インテリアコーディネート、家具・小物レンタルや販売、撮影サービスまでをトータルで手がける。

12:15-12:45

人材採用難の時代の「新卒採用」戦略
インターン・合説などの最新事情とは

(株)SUMUS コンサルティング事業部 チームリーダー
大森 崇弘 氏

大森 崇弘 氏
詳細 ▼
プロフィール

神戸大学在学中に、ソフトバンクの代理店として企業や大手ホテルなどのWi-Fi普及に努めるルートセールスの会社立ち上げる。
同時に、引きこもりや、ニートを支援し、BUYMA、ラクマ、メルカリなどでの個人商店の立ち上げを支援、0から月商100万以上の売上の獲得者を多数輩出。
その後、自分の営業力を強化するため外資系大手金融機関で営業を学んだ後、学習コンサルタントとして独立。生徒の募集活動から学力向上、情操教育に係る。
SUMUSに入社後は、経営戦略の策定支援や営業力や採用力の強化支援に従事している。ゼロから始める採用支援に定評がある。

13:00-13:30

耐風性に優れた、全天候型 高耐久屋根材
「スカイメタルルーフ」

(株)FEROOF 海外営業部・次長
Lee Jaesuek 氏

Lee Jaesuek 氏
13:45-14:15

SDGSに対応した建材ブランド「代々」~循環型建材を使った未来型の住宅とは~

日本エムテクス(株) 代表取締役
三浦 征也 氏

三浦 征也 氏
詳細 ▼
プロフィール

食品工場から排出される卵殻をリユースした機能性内装材を中心に、様々な資源循環型建材を展開する。

14:30-15:00

層間変形角1/200radまで降伏しない座屈拘束型の新しい耐震ブレース

青木あすなろ建設(株) 東京建築本店設計部 担当課長
竹内 健一 氏

竹内 健一 氏
15:15-15:45

高騰する解体工事の背景と対応策

(株)クラッソーネ 代表取締役
川口 哲平 氏

川口 哲平 氏
C会場
10:30-11:00

「乾式加圧注入式防腐・防蟻処理」による木材保存

兼松サステック(株) 木材住建事業部 製造・技術部長
手塚 大介 氏

手塚 大介 氏
11:15-11:45

宅盤調査におけるミニラムの活用と紹介

応用計測サービス(株) 計測事業部 副部長
佐藤 一二美 氏

佐藤 一二美 氏
12:00-12:30

環境パイル工法『SDGs時代の国産木材×地盤改良工法』

環境パイル(S)工法協会 兼松サステック(株) 取締役
水谷 羊介 氏

水谷 羊介 氏
詳細 ▼
プロフィール

1995年兼松日産農林株式会社(兼松サステック)に入社、その後社会人大学院として研究職に従事。2004年に日本大学大学院理工学研究科にて博士(工学)の学位取得。その後、技術開発部で新規商品の開拓に従事しました。技術開発室長、技術部長や事業部統轄を歴任したのち、2015年には兼松サステック株式会社の取締役に就任、現任に至る。」

5月15日(金)
A会場
10:30-11:00

定期点検でも契約不適合に?実現力と収益力を両立する戦略的アフターとは!

(株)アイジーコンサルティング 法人事業部 統括
美和 有輝 氏

美和 有輝 氏
詳細 ▼
プロフィール

2003年に株式会社アイジーコンサルティングに入社。その後3年間、住宅点検業務にて約1800件の住宅点検を行う。
2006年に同社の建築事業(現・アイジースタイルハウス)の立ち上げに携わる。その後、横浜にて戸建注文住宅の営業を行う。
2010年、これまでの経験を活かし、東京にて住宅会社様向けのコンサルティング事業を開始する。これまでに累計120社の住宅会社様のアフター体制構築に携わってきた。
現在は、取引先数約5000社の法人部門の営業責任者を務めている。

11:15-11:45

提案の「見える化」で実現できること。

メガソフト(株) 法人営業部・代表取締役社長
井町 良明 氏

井町 良明 氏
詳細 ▼
プロフィール

東京都出身。累計出荷本数80万本を超える「3Dマイホームデザイナー」「3Dインテリアデザイナー」などの空間プレゼンソフトを開発販売しているメガソフト株式会社の代表。全国のインテリアコーディネーター協会を巡り、「見える化」のための実践セミナーや、施主とビルダーとがイメージの共有を図る為に3DやVRが最も有効なツールであることを北海道から沖縄まで全国津々浦々飛び回り、啓蒙している。特に3Dソフトを実際に操作していただきながら住宅の基礎を学べる施主向けセミナーは大好評で、参加者は延べ8,000世帯を超える。

12:00-12:30

住宅設備&家具と一体化した高品位LED間接照明

オリンピア照明(株) 専務取締役
平井 明 氏

平井 明 氏
12:45-13:15

令和2年度における住宅向け太陽光発電と蓄電池の初期費用0円提案について

(株)SIソーラー 住宅営業課 課長代理
平島 陵 氏

平島 陵 氏
13:30-14:00

見込み客の検討タイミングを逃さない!競合他社より早くアプローチする方法

(株)コンベックス プロダクトソリューション部 ゼネラルマネージャー
澤井 宏 氏

澤井 宏 氏
14:15-14:45

AIを活用した建物診断とデジタルツイン

(株)イクシス 代表取締役 Co-CEO兼CTO
山崎 文敬 氏

山崎 文敬 氏
詳細 ▼
プロフィール

1998年 早稲田大学理工学部 卒業
1998年6月 在学中に当社設立。
2000年 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程 修了
2000年-2002年 科学技術振興事業団ERATO北野共生システムプロジェクト技術員。
2003年 大阪大学大学院工学研究科博士課程 単位取得退学
2003年-2004年 阪大フロンティアリサーチ研究機構(阪大FRC) 特任研究員。
2011年 認定NPO法人ロボティック普及促進センター副理事長就任
2018年9月 イクシス代表取締役Co-CEO兼CTO(共同経営者)就任。

B会場
10:45-11:15

「建てる前に揺らす!」倒壊シミュレーションを使った設計プロセスの最適化

在住ビジネス(株) 代表取締役社長
木村 康次 氏

木村 康次 氏
11:30-12:00

住宅業界における「メールマーケティング」

(株)アド・フェイス 営業部
野崎 輝彦 氏

野崎 輝彦 氏
詳細 ▼
プロフィール

ITベンチャー業界にて多数のキュレーションメディアやポータルサイトの立ち上げ時のメンバーとして記事コンテンツ作成、編集、ディレクションなどの業務に携わりSEO対策やコンテンツマーケティングなどのWEB集客やセールスプロモーションのノウハウを蓄積。2017年に株式会社アド・フェイスへ営業として入社。
利便性や情報収集度の高い、WEB関連のサービスが数多くリリースされる一方で、それらのサービスに対して企業の課題は増えていると営業業務のなかで実感し、積極的にWEB関連の課題解決型メニューを提案している。クライアントのご依頼に応じてHPリニューアル、LP制作、コンテンツマーケティング、メールマーケティング、WEB広告、SNS広告運用など様々なプロモーションを実施。

12:15-12:45

間違いだらけの施工写真
お客様が本当に知りたい情報が入っていますか?

(株)家撮り部 代表取締役CEO
深山 泰志 氏

深山 泰志 氏
詳細 ▼
プロフィール

広告PR会社でCM制作及び集客イベントの企画運営を担当。
その後、某自動車メーカー及びハウスメーカーのハウスエージェンシーであらゆるメディアの企画営業を担当。
ハウスメーカーのエージェンシー勤務時代に、学生やアマチュアカメラマンが建築写真を撮影する「家撮り部」を考案。
2017年に会社を立ち上げ、既に全国で1,000件以上の撮影実績を持つ。
現在、通常の撮影サービス以外にも建築写真に関するWEBコンテンツ制作、講習会、工務店の販促コンサル等建築に関わる分野での商材開発を鋭意推進中。

13:00-13:30

スタイロスプレーライト(ノンフロン現場発泡ウレタン)を使用した断熱方法について

デュポン・スタイロ(株) 技術開発本部 新製品開発グループ 主席研究員
白川 好弘 氏

白川 好弘氏
詳細 ▼
プロフィール

デュポン・スタイロ株式会社 技術開発本部 新製品開発グループ 主席研究員

13:45-14:15

住宅業界と工務店

(株)NJS日本住宅新聞社 代表取締役社長
茂泉 武志 氏

茂泉 武志 氏
詳細 ▼
プロフィール

1968年千葉県柏市生まれ。旭川大学貿易学部卒業後、広告代理店、石油業界の新聞社から、99年に日本住宅新聞社入社。入社時が「次世代省エネ基準」施行ということもあり、エネルギー系の業界紙にいた経験を活かし特集、専門書、セミナーをプロデュースした功績を買われ07年度に統括局長経て09年10月代表取締役社長に就任。工務店読者の新聞として、職人のための技術・経営情報の収集や建材・設備メーカー、工務店のための有益情報を求め全国各地を訪問している。

14:30-15:00

ゆっくりと寛いでもらうための住宅構造
~サイエンスが築く未来建築~

東京理科大学 工学部 建築学科 教授
高橋 治 氏

高橋 治 氏
詳細 ▼
プロフィール

東京都出身、構造設計一級建築士、構造計算適合判定資格者、建築構造士、1989年に東京理科大学卒業後、1991年に東京理科大学大学院修了、1991年~2015年まで㈱構造計画研究所で主に建築物・工作物の構造設計・監理経験を積み、2006年に論文博士(工学)東京理科大学を拝受、2012年に日本建築学会 学会賞(技術) を「三次元免震システムの開発と集合住宅への適用」で受賞、グッドデザイン賞も制振装置の開発で受賞、2015年4月から現職、2016年より東京理科大学発ベンチャー会社(株)サイエンス構造で構造設計・監理・商品開発・防災コンサルティングなどを開始、ハウスプラス確認検査など多くの審査機関での評定委員を歴任。

マンションビジネス総合展の講演・セミナー情報はこちら

ページ上部へ戻る