住宅ビジネスフェア2018 / ビル・商業施設・宿泊施設 建築フェア

2018年5月24日(木)・25日(金)
東京ビッグサイト 10:00~17:00

聴講無料の特別セミナー

建築・設計の最新情報や「2020年以降の建築市場展望」「AI×住宅」「ドローンと建築」など、業界第一人者による特別セミナーを実施します。事前申込みは不要で、当日セミナー会場にお越しいただければどなたでも受講することができます。

セミナータイムテーブル

5月24日(木)
時間 住宅A会場 住宅B会場 ビルC会場
11:00

11:45
良質な住環境は人を健康にする -根拠ある本物の健康住宅-
住医学研究会
事務局長
日下部 隆久
2020年住宅市場動向&リノベーションビジネスモデル公開
(株)船井総合研究所
住宅・不動産支援本部
リフォーム支援部
上席コンサルタント
味園 健治
産業用ロボットの新しい可能性と変わって行くモノづくりの現場
川崎重工業(株)
ロボットビジネスセンター
営業企画部 部長
真田 知典
12:00

12:45
南海トラフ地震・首都直下型地震・竜巻・台風・噴火・戦争からお客様を守ります。
(株)川口鉄筋建設 
代表取締役
川口 篤史
「高値・安定入居率」を実現する次世代型ペット共生マンションの秘密とは!!
アニドック(株) 
代表取締役社長
野中 英樹
国や自治体からの受注は難しくない!今からでも参入できる「入札市場攻略セミナー」
(株)うるる
NJSS(エヌジェス)事業部
橋口 拡和
13:00

13:45
「古民家を通じた事業展開で地域に必要とされる企業へ」
古民家ネットワーク
(株)アステティックスジャパン
代表取締役社長
河野 公宏
クラウドで情報共有に成功する裏側 ~23,000社以上の落し込みに成功した事例と傾向とは~
(株)ダンドリワークス 
代表取締役社長
加賀爪 宏介
環境と地域社会に貢献する空間づくり
(株)ワイス・ワイス
営業部
企画開発課 チーフ
野村 由多加
14:00

14:45
施工現場のカンタンIT化で、業務効率UP!【ANDPAD】活用術
(株)オクト ANDPAD 
営業部マネージャー
渡邊 泰右
蓄電池時代の到来!ポストFIT、ZEH、自家消費時代を生き残るための家庭用蓄電池の秘密
国際航業(株)
デジタルエネルギーチーム
チームリーダー
土屋 綺香
安価で可能な給水管劣化対策「酸化被膜工法」-錆をもって錆を制す伝承技術の工業技術化ー
都市拡業(株)
代表取締役社長
田尻 恵保
15:00

15:45
【地域密着の秘訣!】勝ち残る企業だけが知っている革命的なITサービスとは?
(株)シンカ
マーケティング部
部長代理
浜松 幸
これからの住宅の在り方~
日本初サービスが入ってくる家、IoT住宅の取り組みについて
(株)ライナフ
セールス&マーケティング
ゼネラルマネージャー
矢嶋 恵亮
建築分野におけるドローン技術の最前線と国内初の建築ドローン人材育成
(一社)日本建築ドローン協会 副会長
宮内 博之
5月25日(金)
時間 住宅A会場 住宅B会場 ビルC会場
11:00

11:45
家ドックで住宅インスペクション・維持管理によるリフォーム受注増!
(株)日本戸建管理 
加盟店事業部 事業部長
今橋 康徳
お客に喜ばれて、高く売れる」トークとは?〜AIで紐解く売れる営業のトークパターン〜
コグニティ(株)
代表取締役
河野 理愛
鉄骨造から木骨造へ~木造建築の可能性~
(株)エヌ・シー・エヌ 
執行役員 特建事業部
部長
福田 浩史
12:00

12:45
不動産の価値をインテリアで劇的に高めるホームステージング!トップランナーがノウハウ初公開!
(株)ホームステージング・ジャパン COO
加藤 望美
新築建物が喜ぶスクリュー・プレス工法
富士貴建装(株) 
地盤改良事業部
林 秀人
建築・設計業界の今後の動向と生き残るための手法論 ~簡易宿所型民泊提案・インスペクション~
(株)船井総合研究所
士業支援部
伊藤 彰
13:00

13:45
LIFE LABEL/RE住む 2つのブランドがユーザーから支持される理由を徹底解説!
(株)ベツダイ
(LIFE LABEL/RE住む)
フランチャイズ事業部 部長
田村 友一
リフォーム多能工育成による、生産性UP。粗利の最大化。
(一社)リフォーマー専門学校 
代表理事
大澤 仁志
施工現場のカンタンIT化で、業務効率UP!【ANDPAD】活用術
(株)オクト ANDPAD
営業部マネージャー
渡邊 泰右
14:00

14:45
建築受注率が10倍になる、不動産業の始めかた
(株)物件王
専務取締役
中村 真也
遊ぶ・食べる・寛ぐ『木造住宅用屋上リビング』が可能にする家族の新しいライフスタイル提案
東邦レオ(株)
建築ソリューション事業部
副事業部長
和田 清栄
安価で可能な給水管劣化対策「酸化被膜工法」-錆をもって錆を制す伝承技術の工業技術化ー
都市拡業(株)
代表取締役社長
田尻 恵保
15:00

15:45
新都市ガス事業の成長戦略について
日本瓦斯(株)(ニチガス)
エネルギー営業本部
東関東支店 第一部長
髙村 欣也
一流の人材を育てる経営手法
(株)平成建設
代表取締役社長
秋元 久雄
集合住宅におけるオートロックインターホン市場の現状と動向
(株)千葉通信システム 
代表取締役
渡辺 正明

セミナー一覧

5月24日(木)
11:00 ~ 11:45

良質な住環境は人を健康にする -根拠ある本物の健康住宅-

住医学研究会 事務局長
日下部 隆久

日下部 隆久
詳細 ▼

住医学研究会が薦める、住むだけで健康になる環境=家づくり、健康になる空間の作り方のご提案。建築資材や工法の改善にとどまらず、電磁波対策から水対策までも実施している、0宣言の家づくりをご紹介します。
また、"0宣言の家" は住む人を健康にする、CASBEE検証と健康調査結果のご報告。
縮小する住宅市場における最後の差別化戦略とリフォーム市場における、断熱・健康リフォームの取り組みもご紹介します。

プロフィール

ローコスト住宅販売や大手ハウスメーカー、賃貸アパート建設FC、デベロッパーでの土地活用等に従事し、住宅業界に携わって25年。住環境と健康の密接な関係を知り、現在は住医学研究会の事務局長として「0宣言の家」を全国に普及促進しながら、地域工務店に対する健康住宅の作り方指導を担う。ユーザーからの家づくり相談にも対応しアドバイザーの役目も担う。自身、幼少時に家のリフォームに使われた工業化建材に起因したと考えられる重度のアトピー性皮膚炎に悩まされた経験を持ち、建材のみならず電磁波や水の環境改善の提案も行う。

11:00 ~ 11:45

2020年住宅市場動向&リノベーションビジネスモデル公開

(株)船井総合研究所 住宅・不動産支援本部 リフォーム支援部 上席コンサルタント
味園 健治

味園 健治
詳細 ▼

2020年に向けた住宅市場動向と、工務店・ビルダー、住宅リフォーム会社が取り組むべきリノベーション・増改築ビジネスモデルについて紹介。全国各地で着実に増えつつある本ビジネスモデルの最新成功事例を用いながら、収益モデル、集客手法、営業フロー、組織戦略等具体的に提言。特にリノベーションモデルハウスを開設し、単価1,200万円の案件を対象にした戸建リノベーションビジネスモデルについて詳しく解説する。

プロフィール

大手不動産会社に勤務後、1998年、(株)船井総合研究所へ入社。住宅・不動産業界に特化して業績アップコンサルテイングを手掛ける。
これまで250社を超える企業のコンサルティングに携わり、経営者の事業目的に合わせる戦略づくり、売上計画、マーケテイングプラン、集客戦略、営業戦略、商品戦略、組織づくりを提案し、業績を上げている。
特に「お客様から選ばれるブランド会社づくり」をすすめながら、業績を1.5倍~3倍へと上げていく事を得意としている。増改築ビジネス研究会主宰。

11:00 ~ 11:45

産業用ロボットの新しい可能性と変わって行くモノづくりの現場

川崎重工業(株) ロボットビジネスセンター 営業企画部 部長
真田 知典

真田 知典
詳細 ▼

当社は、日本最初の産業用ロボットメーカーとして、今年創業50周年を迎えます。これまでお客様から、現場から数多くを学びました。その間に培われてきた多種多様な適用技術や最先端の適用作業、協働ロボット「duAro」、熟練技能の伝承を可能にする新しいロボットシステム「サクセサー」、実用化を目指して開発中の「ヒューマノイドロボット」などを動画を交えながら分かりやすくご紹介します。

プロフィール

1989年 川崎重工業株式会社入社、ロボット事業部企画部配属
1991年 製造部生産技術課(生産計画担当)
1992年 営業部東部営業課
2001年 (株)カワサキマシンシステムズ出向
2010年 本社 企画本部 新事業推進部 企業開発課長
2013年 ロボットビジネスセンター 営業企画部 基幹職
2017年 同部長 (兼)(株)メディカロイド 企画管理部 次長
(その他)ロボット革命イニシアティブ協議会委員

12:00 ~ 12:45

南海トラフ地震・首都直下型地震・竜巻・台風・噴火・戦争からお客様を守ります。

(株)川口鉄筋建設 代表取締役
川口 篤史

川口 篤史
詳細 ▼

今後、南海トラフ地震や首都直下型地震の起きる確立は25年以内に70%と言われています。そして現在稼働していないとはいえ浜岡原子力発電所があり、耐震化が進んでいるとはいえ使用済み燃料の問題もあります。今後の地球温暖化に伴い、台風・竜巻対策として、またいつ起こるか分からない噴火、戦争対策として、木造建築では対策ができないため、鉄筋コンクリート製シェルターの必要性を訴求します。

プロフィール

鉄筋工事専門会社に18歳で入社し、6年間の修行後に24歳で個人事業主として独立。3年後に27歳で法人化。その後、自社工場を建立。他社にない強みとして、定着プレート工法を持つ。その後、会社を鉄筋工事専門業者から総合建設業にし、特定建設業許可・ISOを取得し、昨年の11月からシェルター事業をスタート。長らく鉄筋工事専門業者として培ったノウハウを活かし、いつ起こるか分からない地震、竜巻 台風、噴火、戦争対策として鉄筋コンクリート製シェルターを新しい価値として提供する。

12:00 ~ 12:45

「高値・安定入居率」を実現する次世代型ペット共生マンションの秘密とは!!

アニドック(株) 代表取締役社長
野中 英樹

野中 英樹
詳細 ▼

ペット可の物件ではなく、「次世代型ペット共生型マンション」。
弊社獣医師が監修したオリジナル設備(Hard)×各種規約類(Soft)×住んでからのサポート(Service)×メディア戦略(Media)を提供。「飼い主様、ペット、大家様、建築業者様、管理会社様、すべてが幸せになる」を実現するノウハウを知り尽くした当社コンサルティングにより、「新築」「リノベーション」「シェアハウス」「リゾートホテル」にてペット共生の実現を可能にします。

プロフィール

1994年、アドホック(株)(現在、西武グループ/(株)西武ペットケア)のファウンダー(創業者)として、ペット共生集合住宅を特許ビジネスモデル化し、ハウスメーカーやゼネコンへライセンスするビジネス“ペットケアマンションノウハウライセンス事業”と、ペットケアショップPETSPAチェーン展開で成功する。
2006年、(株)ペイクのビジネスプランを完成、ペットメディアを保有する日本で唯一のペットに特化したマーケティング・コンサル企業としてヒット商品をプロデュース。
2015年、軽度動物医療チェーンをビジネスモデルとしたアニドック(株)を設立、現在に至る。
2002年:ペットと暮らす集合住宅(週刊住宅新聞社発刊)
2003年:「ガイアの夜明け」出演

12:00 ~ 12:45

国や自治体からの受注は難しくない!今からでも参入できる「入札市場攻略セミナー」

(株)うるる NJSS(エヌジェス)事業部
橋口 拡和

橋口 拡和
詳細 ▼

国、自治体が民間企業に発注をする入札市場、実は21兆円の巨大な市場です。その入札市場の概況から、落札するためのポイントまでをわかりやすくご説明する、2,500社以上の入札市場攻略をご支援してきた当社だからこそ提供できる、非常に実践的なセミナーです。
入札というと建築や工事だけを想像していませんか?システム開発も清掃も事務作業も、実は入札の案件は業種を問いません。入札できるの?落札のポイントは?詳しく解説いたします。

プロフィール

不動産会社などを経て、(株)うるるで現職。入社以来入札情報速報サービスNJSS(エヌジェス)を導入するお客さまの支援を行っており、現在は自社開催セミナーや展示会、地方でのセミナーの講師も担当。
これまで数百名の方にセミナーを通じて「入札」で新規販路の開拓の実現が可能なことをお伝えしてまいりました。表立って話すことがなかなかできない、お客さまの成功事例についてもお話させていただきます。

13:00 ~ 13:45

「古民家を通じた事業展開で地域に必要とされる企業へ」

古民家ネットワーク (株)アステティックスジャパン 代表取締役社長
河野 公宏

河野 公宏
詳細 ▼

人口減少から高齢化社会に突入している日本の建築業界は、お世辞にも明るい未来はありません。しかし、「住」を支える建築業界はなくてはならない業界です。
古民家がブームとなる昨今、古民家事業に参入する企業は増えていますが、参入障壁の低い事業が多く一過性にしか過ぎません。古民家を通じ、参入障壁が高い事業が展開可能となり地域に必要とされる企業となるにはどうすべきなのか?地域から必要される企業になって欲しいと思います。

プロフィール

(株)アステティックスジャパン 代表取締役社長
一般社団法人住まい教育推進協会 理事
一般社団法人全国古民家再生協会 理事・監事
一般社団法人全国新民家推進協会 理事長
一般社団法人住教育推進機構 直前理事長
2010年、全くの異業種から突然の転職をおこない現会社へ入社。
地域の職人さん・工務店さんが輝ける市場創りを目指し「再築大賞(林野庁長官賞)」を創設。
2015年 古民家ネットワーク創設者より事業継承をおこない、31歳で代表取締役に就任。
古民家からKOMINKAへ。「KOMINKAを世界共通語に」を掲げ全国各地を飛び回っている。

13:00 ~ 13:45

クラウドで情報共有に成功する裏側
~23,000社以上の落し込みに成功した事例と傾向とは~

(株)ダンドリワークス 代表取締役社長
加賀爪 宏介

加賀爪 宏
詳細 ▼

昨今、現場管理ツールを導入して現場の生産性を上げる事は常識となってきました。しかし、こういったツールを導入したものの、思うような結果が生まれない…そういった声が現場では溢れています。その一番の要因が『現場まで落し込み』ができていないことです。その反対に、導入に成功した企業には共通していることがあるのをご存知でしょうか?テクニカルで難しいことではなく、とてもシンプルなことです。23,000社以上の落し込みに成功した裏側を大公開。

プロフィール

関西の建築・不動産会社に10年間勤める。入社当時、年商2億だった会社を数年で年商20億の会社に成長させる。その間に社内ベンチャーとして、建築・不動産業をトータルでサポートするコンサルティング会社、株式会社リアルターソリューションズ、建築業界に特化したクラウド型コミュニケーションツール『ダンドリワーク』の開発・販売・運用を行なう、株式会社ダンドリワークスを設立。2015年1月に独立。現在は、建築・住宅業界の抜本的改革を生みだし、業界全体の活性化に繋がるよう、日々業務に取り組んでいる。

13:00 ~ 13:45

環境と地域社会に貢献する空間づくり

(株)ワイス・ワイス 営業部 企画開発課 チーフ
野村 由多加

野村 由多加
詳細 ▼

ファスト化・ローコスト化が益々加速し、モノであふれかえる状況の中、ESG投資の運用額が7000兆円を超え、環境・地域社会への配慮、貢献が企業経営者に本格的に問われる時代になりました。「森をつくる家具」をフィロソフィーに掲げるワイス・ワイスによる、日本各地域の素材や技術・風土を活かしながら、地域住民、来訪者、従業員に愛されるホテル・レストラン・マンション・公共施設の家具や空間づくりの最新事例をご紹介いたします。

プロフィール

1981年長野県生まれ。前職、武蔵野美術大学助手。2011年にワイス・ワイスに入社。全国の林業家・製材所・木工所などを訪ね、日本の自然資本である森/国産材・地域産材を使った家具づくりに心血を注ぐ。同社、家具商品の全ての材料元を辿るトレーサビリティを実行し国産材家具への切り替えから、新商品開発・新カタログ編集に至るまで広く携わる。企画・設計から営業・広報まで何でも担当。(近年の同社受賞歴)GOOD DESIGN AWARD 2012特別賞、第一回ウッドデザイン賞2015奨励賞、ソーシャル・プロダクツアワード2015特別賞「東北復興」、WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016 特別賞、2017年度第30回日経ニューオフィス賞中部ニューオフィス奨励賞 受賞に寄与。

14:00 ~ 14:45

施工現場のカンタンIT化で、業務効率UP!【ANDPAD】活用術

(株)オクト ANDPAD 営業部マネージャー
渡邊 泰右

渡邊 泰右
詳細 ▼

(株)オクトが自社で開発・提供している住宅建築のプロジェクト管理ツール「ANDPAD」の活用事例をご紹介いたします。いまだに紙やFAXに依存する業界で、スマホで簡易に現場で写真や工程等の情報をクラウド上で一元管理できるうえ、元請けと下請け間でリアルタイムに状況を把握することで業務改善(残業削減)・粗利確保のためにANDPADを使って、どのように改善していったのか実際の導入事例をお話しいたします。自社運用改善のヒントになります。

プロフィール

2010年大手総合建築資材商社に入社。住宅ビルダーやリフォーム店を顧客に建築資材の営業活動を行う。また資材の材料販売だけでなく、自社の協力会社と連携した施工付き販売を展開、外装工事や住設工事を中心に自身も施工管理業務に従事する。
その後住宅・不動産会社向けWEB広告会社にてエリアマネージャーを経験したのち、(株)オクトに入社。ANDPADを使ってお客様の施工管理業務における生産性向上、粗利率改善等の課題に取り組む。

14:00 ~ 14:45

蓄電池時代の到来!ポストFIT、ZEH、自家消費時代を生き残るための家庭用蓄電池の秘密

国際航業(株) デジタルエネルギーチーム チームリーダー
土屋 綺香

土屋 綺香
詳細 ▼

人口減少や住宅トレンドの変化によって、20年前と比べて住宅着工戸数の水準は減少傾向にある現在、住宅販売は単なる「家」を売るのではなく「暮らし」そのものをプロデュースする力が求められるようになりました。ZEH施策の推進や省エネ・創エネ・蓄エネといった住宅トレンドを抑えるために、蓄電池はなくてはならない存在となっています。蓄電池ってそもそも何ができるの?提案する意味は?効果は?売り方は?今さら聞けない蓄電池のあれこれをお話します。

プロフィール

2015年4月国際航業へ入社し法人営業部で地理空間関連ソリューション営業に従事。2017年度より新規事業部門のデジタルエネルギーグループに配属。太陽光・蓄電池経済効果シミュレーション「エネがえる」のエヴァンジェリストとして、国内大手上場メーカーから地方の工務店まで幅広い顧客企業への販売支援の相談、イベント・セミナーでの講演や講習会実施、カスタマーサクセスといった幅広い業務をリードし、全国を飛び回っている。2018年度より部門リーダーとして、顧客目線でのプロダクト開発と営業支援戦略を実施。

14:00 ~ 14:45

安価で可能な給水管劣化対策「酸化被膜工法」-錆をもって錆を制す伝承技術の工業技術化ー

都市拡業(株) 代表取締役社長
田尻 恵保

田尻 恵保
詳細 ▼

給水管劣化対策「酸化被膜工法」は、配管そのものには手を加えず水を改質することで配管内の既存の赤錆を黒錆に変え、既存の給水管を延命できる技術である。赤錆による孔食を止めるのではなく、既に失われた肉厚をもとの厚さに修復することができる。工事は簡易なもので給水大元に水改質装置ザ・バイオウォーターを設置するだけである。導入コストは従来の更生、更新工事の1/5~1/10程である。メンテナンスフリー、ランニングコストゼロで省エネにも対応した工法である。

プロフィール

1971年一橋大学卒業。1977年同大学院博士課程修了。現在は創業109年の都市拡業(株)の代表取締役。同社製造の水改質装置を給水管の劣化対策に適用した「酸化被膜工法」を展開。2014年その水改質効果の測定装置を完成。同工法の工業化が完成し、2017年に国土交通省のNETIS認定を受ける。
(関係論文)
日本工業出版「建築設備と配管工事」第52巻4号
日本工業出版「建築設備と配管工事」第55巻9号
(受賞歴)
2004年「よこはまビジネスプラン大賞」
2017年「かながわ産業ナビ大賞」奨励賞

15:00 ~ 15:45

【地域密着の秘訣!】勝ち残る企業だけが知っている革命的なITサービスとは?

(株)シンカ マーケティング部 部長代理
浜松 幸

浜松 幸
詳細 ▼

リフォーム業界での顧客は60代が4割以上を占めると言われ、インターネットが発達しても、まだまだ電話での応対が多いのが業界の特徴です。また業者選定の際に重要視されるのが、スタッフの対応の良さや気軽に相談できる雰囲気などの接客面であり、「電話応対」は売上げアップの大きな鍵となります。 今回は、電話は無くならないという現状と、OKUTA様やナサホーム様、ハウスドゥ!様などが導入を決めたポイントを交えながら、電話応対で勝ち残る秘訣をお伝えします。

プロフィール

1985年東京生まれ。大手飲食店に入社後、店舗マネージャーに就任。前年対比プラスを常に達成するとともに、不採算店舗は5ヶ月で黒字化させるなど、顧客満足度を向上によるファン化施策を得意とする。また、セミナーの企画運営では6000名の集客を達成。 2017年1月シンカ入社。CTIをひとりでも多くの人に知ってもらうことを目指し、マーケティングや広報、採用など幅広く活動。他にもラジオパーソナリティやNPO広報といった顏を持ち、若手のリーダーとして領域を越えた幅広い仕掛けを行っている。

15:00 ~ 15:45

これからの住宅の在り方~
日本初サービスが入ってくる家、IoT住宅の取り組みについて

(株)ライナフ
セールス&マーケティング ゼネラルマネージャー

矢嶋 恵亮

矢嶋 恵亮
詳細 ▼

「不動産に確かな価値」をビジョンに掲げ、不動産向けIoT製品を開発、販売し、更にスマートロックを活用した仲介予約システム「スマート内覧」や貸会議室予約システム「スマート会議室」などのWEBの仕組みと連動したサービスも幅広く展開しています。
今回の「サービスが入ってくる家」プロジェクトという、IoT製品と各種宅配サービスを組み合わせた取組と、これからのIoT製品を活用した住宅の在り方についてご案内します。

プロフィール

大手旅行会社の新規事業室、海外駐在を経て2016年から株式会社LinoughにJoin.
Linough入社後新サービスのマーケティング、セールスを担当し、サービス拡大に貢献。サービスの責任者となり立ち上げから1年6か月で新規サービスの黒字化に成功。
その後組織拡大に伴いゼネラルマネージャーとなり、現在セールス、カスタマーサクセス、マーケティングの統括責任者でサービス拡大に努める。

15:00 ~ 15:45

建築分野におけるドローン技術の最前線と国内初の建築ドローン人材育成

(一社)日本建築ドローン協会 副会長
宮内 博之

宮内 博之
詳細 ▼

日本建築ドローン協会(JADA)は、建築分野でドローン技術を活用するための支援団体であり,建物点検・災害調査等の技術的検討から,都市・建築における人とドローンの共生まで幅広い検討を進めています。セミナーではJADAにおける人材育成プログラムやWGの諸活動について紹介します。また,ドローン技術の動向と課題,点検調査の省力化の検討、高解像度カメラによる調査、ドローンの自動飛行技術とAI適用の可能性についても情報提供を致します。

プロフィール

所属:国立研究開発法人建築研究所材料研究グループ 主任研究員、博士(工学)
1999年に東京工業大学助手、National Research Council Canadaへ派遣、韓国・忠南大学校副教授、2014年より建築研究所に所属し、グローバルな視点から社会活動を行っている。2017年には(一社)日本建築ドローン協会を設立し、産官学連携や異分野技術の融合を推進することで、建築業界における新たな市場や雇用の創出、そして人との共生を第一に考える『建築×ドローンプラットフォーム』の構築を目指している。
ドローン関係活動として、国交省基準整備促進事業、国交省住宅・建築物技術高度化事業、日本建築学会UAV-WG、日本建築学会・建築ドローンシンポジウム等、多数の研究活動・委員会・企画を行っている。

5月25日(金)
11:00 ~ 11:45

家ドックで住宅インスペクション・維持管理によるリフォーム受注増!

(株)日本戸建管理 加盟店事業部 事業部長
今橋 康徳

今橋 康徳
詳細 ▼

長らく戸建住宅については、自主管理に任されて来た結果、住宅の維持管理が不十分でした。家ドックシステムにより、住宅のインスペクションや維持管理の担い手(主治医)として関わり、リフォーム工事受注につながります。
消費者は、安心かつ信頼出来る相談先を求めており、常日頃からの付き合いのある会社にリフォーム工事を依頼したい。
会員制サービスの提供で長く付き合うことで、安定したリフォーム受注体制が構築出来るのが「家ドック」システムです。

プロフィール

1956年生まれ62歳。某住宅設備機器メーカーに営業として長らく勤務し、その後(株)日本戸建管理の加盟店事業部長を務める。前職の経験と知識を基に、今後の住宅業界の流れが新築から既存住宅に大きくシフトしていくことを確信し、インスペクションを軸とした既存住宅の品質の向上と管理が必要とされる時代が確実に到来すると話す。
「自動車には車検のシステムがあり、人間も年一回の健康診断を受ける。普通の人にとって生涯で最も高額な買い物であるはずの住宅に、そのようなシステムが無いことはおかしい。お客様が適切な時期に、適切なメンテナンスを、適切な費用で受けることができ、自宅の維持管理ができる当社のようなサービスは、今後もっともっと世の中に普及すべきだ。」をモットーに熱く語ります。

11:00 ~ 11:45

お客に喜ばれて、高く売れるトークとは?
〜AIで紐解く売れる営業のトークパターン〜

コグニティ(株) 代表取締役
河野 理愛

河野 理愛
詳細 ▼

マンション・戸建販売・賃貸仲介等の不動産業界をはじめ、製薬・人材・保険など多様な業界67社へ導入済の「UpSighter(アップ・サイター)」についてご紹介。営業トークやプレゼンで「何をどのくらいしゃべっているか」、売れる営業との”差”をAIを使って定量的に比較し、社員教育へ貢献。研修内容の変更や、指導コストの削減に繋がった利用事例、更には人工知能サービスの業界動向や、導入成否を分けるポイントも共有いたします。

プロフィール

1982年生まれ、徳島県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。大学在学中の2001年にNPO法人を設立、代表として経営を行う。 2005年にソニー(株)入社、カメラ事業を中心に、 経営戦略・商品企画に従事。2011年に(株)ディー・ エヌ・エー入社、ソーシャルゲームの海外展開を担当。 2013年、「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発するコグニティ(株)を設立。

11:00 ~ 11:45

鉄骨造から木骨造へ~木造建築の可能性~

(株)エヌ・シー・エヌ 執行役員 特建事業部 部長
福田 浩史

福田 浩史
詳細 ▼

2010年の「公共建築物等の木材利用促進法」施行以降、建築基準法改正やCLT告示化などを受け、住宅以外の建築が木造化される機会が増加しております。新国立競技場にも木造が利用され、この傾向はさらに強まることが予想されます。
本セミナーでは中・大規模の非住宅木造について、設計のポイントや注意点をこれまでの実例を交えながら解説いたします。木造に興味のある設計者様、ふるってご参加ください。

プロフィール

1974年岐阜県生まれ。1999年三重大学大学院工学研究科 建築学専攻 修了。株式会社熊谷組入社。熊谷組構造設計部にて、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の構造設計、監理に従事。
2003年(株)エヌ・シー・エヌ入社。技術開発本部、設計部を経て、現在は、非住宅の中大規模木造を専門に扱う特建事業部で、企画から構造設計、現場指導まで幅広く対応。耐震構法SE構法による耐震性能の高い施設建築、公共建築の普及に務める。日本全国で数多くの中大規模木造建築の構造設計に携わる木質構造のスペシャリスト。構造設計一級建築士。

12:00 ~ 12:45

不動産の価値をインテリアで劇的に高めるホームステージング!トップランナーがノウハウ初公開!

(株)ホームステージング・ジャパン COO
加藤 望美

加藤 望美
詳細 ▼

不動産売却の際、室内などに家具や小物を配置し、購買意欲喚起のための演出をする手法「ホームステージング」。
年間2,000件のステージングを手掛けるホームステージング・ジャパンで、ステージャーとしても活躍されていた加藤氏が、より「高く・早く」売れる物件のつくり方、魅せ方を実例とともに紹介!
自分でできるホームステージングについても、実践的かつ具体的に解説します。 住宅販売に携わる方必見のセミナーです。

プロフィール

10代の頃はファッションショー・ CM・スチールモデルを経験後、23歳から広告・デザイン・WEB制作会社を10年以上経営。
大手企業や有名ブランド等のデザイン・クリエイティブ、マーケティング、WEBサイト制作・運営などに携わる。
2013年、ルーカスと共にホームステージング・ジャパンを立ち上げ、現在は、COOとして、経営、マーケティング、営業活動などのマネージャーを担当。
日本のホームステージングの第一人者として、ホームステージャー育成スクールの運営、講師としても活動している。

12:00 ~ 12:45

新築建物が喜ぶスクリュー・プレス工法

富士貴建装(株) 地盤改良事業部
林 秀人

林 秀人
詳細 ▼

従来の地盤改良工法の問題点の解決策となるスクリュー・プレス工法のご紹介です。
セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、アスベストと並ぶ二大発がん性物質の『六価クロム』発生の危険性がありますが、スクリュー・プレス工法は材料が天然砕石のため有害物質発生リスクはありません。
スクリュー・プレス工法で使用する天然砕石は、『埋設物』とならないため、将来の撤去費用が発生しません。土地の資産価値を担保します。
スクリュー・プレス工法は、施工後に『平板載荷試験』を実施して改良地盤の強度を担保します。

プロフィール

1967年生まれ 50歳
京都府京都市(人生の半分は関東平野)出身。上州群馬県太田市在住。
1991年~2012年:精密機械系製造メーカ営業として北関東で展開
2013年~現在 :砕石杭地盤改良工法の専任営業として300棟以上を施工。現在は埼玉県川口市を拠点に関東全域で展開中。

「安心」「安全」「環境保護」をお施主様へお届けするため日夜努力しております。
スクリュー・プレス工法により魅力的な土地を創造中です。

12:00 ~ 12:45

建築・設計業界の今後の動向と生き残るための手法論
~簡易宿所型民泊提案・インスペクション~

(株)船井総合研究所 士業支援部
伊藤 彰

伊藤 彰
詳細 ▼

~セミナーでお伝えする内容~
・建築・設計業界を取り巻く環境
・全国の建築設計事務所、建設許可業者が抱える悩み
・時流適応企業の成功事例のご紹介
・今後の宿泊需要と最新の民泊・宿泊事業形態のご紹介
・民泊案件の獲得をするための重要ポイント
・宅建業法改正で注目のインスペクションとは?
・インスペクションの潜在市場は?
・インスペクションで成功している企業の事例紹介

プロフィール

全国40会員が参加する設計事務所経営研究会主宰者。
船井総合研究所における設計事務所コンサルティングの第一人者。祖父・父と二世代にわたり事業を営んでいた影響を受け経営に興味を持つ。他業界の動向を把握した上での新規集客マーケティング手法に定評があり、評価賃金制度の構築、採用戦略、中長期経営計画の策定等のコンサルティング実績がある。
コンペ・プロポーザルにおけるコンサルティングでは、ご支援先に最優秀賞をもたらした実績もある。
講演実績としては、大学にて建築学科の学生を対象にした講話や、全国各地で簡易宿所型民泊や企業主導型保育所などの様々な用途提案に関するセミナー登壇実績がある。最近では、インスペクションに関する依頼も増えている。設計事務所業界・建設業界に斬新な発想と成功の原理原則をもたらすことをモットーとする。

13:00 ~ 13:45

LIFE LABEL/RE住む
2つのブランドがユーザーから支持される理由を徹底解説!

(株)ベツダイ(LIFE LABEL/RE住む) フランチャイズ事業部 部長
田村 友一

田村 友一
詳細 ▼

ZERO-CUBEをはじめとした新築規格住宅商品を軸に、まったく新しい人生の楽しみ方を提案するブランド『LIFE LABEL』と、パッケージデザインから自分らしいデザインを選び、条件に応じてリノベにも新築にも対応可能な規格住宅ブランド『RE住む』。2つのブランドが多くの住宅一次取得層に選ばれる理由を紐解きながら、地場でユーザーから選ばれるための戦略上のヒントにしていただけるような内容を予定しています。

プロフィール

新卒で入社した大手広告代理店にて、さまざまな企業のブランディングや、広告・プロモーションに関わる。
ベツダイ入社後は、ZERO-CUBEやRE住むのPR/宣伝の担当として従事しながら、複数の新商品プロジェクトを担当。現在は、フランチャイズ加盟店開拓や既存加盟店フォローを行う営業チームを統括。

13:00 ~ 13:45

リフォーム多能工育成による、生産性UP。粗利の最大化。

(一社)リフォーマー専門学校 代表理事
大澤 仁志

大澤 仁志
詳細 ▼

職人を育てるには何年もかかり、見習いの間は活躍の場が少なくモチベーションの低下、給与面も課題で、1人前になる前にやめてしまうのが現状です。水廻りのリォーム現場で、解体から完成引き渡しまで一人の多能工が施工をすることで、多能工職人を抱える会社は、職人手配の手間、現場での職人の入れ替わりが必要なくなり、クレーム激減、管理費の削減、粗利率10%以上UPが可能。
本校では、東北から九州まで、多くのリフォーム事業を行う会社が受講しています。

プロフィール

2008年 (株)オオサワ創研設立
2016年 (一社)リフォーマー専門学校設立
自社のリフォーム事業運営から試行錯誤により、素人から3ヶ月で稼げる多能工を育てるカリキュラムを構築し、昨今の職人不足の解消、粗利率UPを可能にする多能工育成学校を開校。

13:00 ~ 13:45

施工現場のカンタンIT化で、業務効率UP!【ANDPAD】活用術

(株)オクト ANDPAD 営業部マネージャー
渡邊 泰右

渡邊 泰右
詳細 ▼

(株)オクトが自社で開発・提供している住宅建築のプロジェクト管理ツール「ANDPAD」の活用事例をご紹介いたします。 いまだに紙やFAXに依存する業界で、スマホで簡易に現場で写真や工程等の情報をクラウド上で一元管理できるうえ、元請けと下請け間でリアルタイムに状況を把握することで業務改善(残業削減)・粗利確保のためにANDPADを使って、どのように改善していったのか実際の導入事例をお話しいたします。自社運用改善のヒントになります。

プロフィール

2010年大手総合建築資材商社に入社。住宅ビルダーやリフォーム店を顧客に建築資材の営業活動を行う。また資材の材料販売だけでなく、自社の協力会社と連携した施工付き販売を展開、外装工事や住設工事を中心に自身も施工管理業務に従事する。
その後住宅・不動産会社向けWEB広告会社にてエリアマネージャーを経験したのち、(株)オクトに入社。ANDPADを使ってお客様の施工管理業務における生産性向上、粗利率改善等の課題に取り組む。

14:00 ~ 14:45

建築受注率が10倍になる、不動産業の始めかた

(株)物件王 専務取締役
中村 真也

中村 真也
詳細 ▼

実際に不動産仲介業に参入した中でわかってきた独自の理論や考え方をお伝えします!
不動産という業界に対する当然の不安や疑問も、経験した事実を元にお答えできること間違いなしです。
不動産事業の立ち上げ支援と自社の不動産仲介業参入を経て明らかになった、建築会社の強みを最大限に活かした不動産仲介業新規参入の成功のポイントをご紹介させていただきます。
貴社の不動産参入成功への第一歩は、このセミナーから!

プロフィール

リフォーム・工務店向けHP制作・WEB集客のコンサルティング業務を経て、2009年に物件王事業を立ち上げる。その後、80社以上の不動産立ち上げ支援に関わっている。
2015年には実際に不動産仲介業に参入し、自身も店舗に立ち、営業の第一線で活躍した経験も持つ。
その不動産営業と集客できるホームページのノウハウをまとめ、全国の建築会社に物件王のサービスを提供している。
また不動産ビジネス研究会を主催しており、月3回の研究会において、課題解決・ノウハウ共有を行っている。

 
14:00 ~ 14:45

遊ぶ・食べる・寛ぐ『木造住宅用屋上リビング』が可能にする家族の新しいライフスタイル提案

東邦レオ(株) 建築ソリューション事業部 副事業部長
和田 清栄

和田 清栄
詳細 ▼

『住宅購入検討者が生活や暮らしに期待すること』の上位に挙げられる “日当たり” にフォーカスし、『木造住宅用屋上リビング』による、陽の光を独り占めできる屋上プライベート空間での充実したライフスタイル提案、という他社とは一線を画した住宅差別化戦略についてお話しします。

プロフィール

1997年東邦レオ(株)入社。2000年より欧米で、一般的な外断熱住宅による快適な生活環境を、日本に定着させるための普及活動に取り組む。その後、快適な生活空間づくり提案を室内だけでなく外の空間にまで広げ、屋上リビングシステム商品の開発、普及促進に取り組む。

14:00 ~ 14:45

安価で可能な給水管劣化対策「酸化被膜工法」-錆をもって錆を制す伝承技術の工業技術化ー

都市拡業(株) 代表取締役社長
田尻 恵保

田尻 恵保
詳細 ▼

給水管劣化対策「酸化被膜工法」は、配管そのものには手を加えず水を改質することで配管内の既存の赤錆を黒錆に変え、既存の給水管を延命できる技術である。赤錆による孔食を止めるのではなく、既に失われた肉厚をもとの厚さに修復することができる。工事は簡易なもので給水大元に水改質装置ザ・バイオウォーターを設置するだけである。導入コストは従来の更生、更新工事の1/5~1/10程である。メンテナンスフリー、ランニングコストゼロで省エネにも対応した工法である。

プロフィール

1971年一橋大学卒業。1977年同大学院博士課程修了。現在は創業109年の都市拡業(株)の代表取締役。同社製造の水改質装置を給水管の劣化対策に適用した「酸化被膜工法」を展開。2014年その水改質効果の測定装置を完成。同工法の工業化が完成し、2017年に国土交通省のNETIS認定を受ける。
(関係論文)
日本工業出版「建築設備と配管工事」第52巻4号
日本工業出版「建築設備と配管工事」第55巻9号
(受賞歴)
2004年「よこはまビジネスプラン大賞」
2017年「かながわ産業ナビ大賞」奨励賞

15:00 ~ 15:45

新都市ガス事業の成長戦略について

エネルギー営業本部 東関東支店 第一部長
髙村 欣也

髙村 欣也
詳細 ▼

電力やガスの小売自由化はエネルギー会社のあり方を大きく変化させつつあります。当社も2017年都市ガスの自由化開始以降、都内中心に約11万件のスイッチング申込を頂きました。テレビCMの新キャラクターを起用し知名度を向上させ、異業種事業者と代理店契約を締結、トスアップ形式でガス需要家を飛躍的に伸ばしました。更なる提携先様とのコネクションを求め、新都市ガス事業をはじめ、家賃債務保証サービス等の新商品についてのご説明をさせていただきます。

プロフィール

2000年に日本瓦斯(株)入社。今年度よりエネルギー営業本部 東関東支店 第1部長を務める。昨年、都市ガス自由化スタート時に東関東支店のマーケティングプロジェクトリーダーとして新都市ガスの獲得戦略を打ち出し、初年度で11万件の目標達成に貢献しました。商業施設などにおけるPRイベントも精力的に行っており、ガス自由化解禁2年目となる今年、昨年経験した新都市ガス獲得のノウハウと都市ガス事業への参入について分かりやすく、シンプルにご説明させていただきます。

15:00 ~ 15:45

一流の人材を育てる経営手法

(株)平成建設 代表取締役社長
秋元 久雄

秋元 久雄
詳細 ▼

大工や職人として大学や大学院卒の優秀な学生を採用するという従来にはなかった手法で 職人を育て、建築の主要な工程をすべて自社でまかなう『内製化』システムを構築。 業界の常識を覆し、200名を超える大工集団を形成するに至る。 この取り組みは建設業界のみならず、他業界からも注目を集め、日本国内外から多数の企業が視察に訪れている。これら人材育成の手法について具体的にお話しします。

プロフィール

1948年静岡県伊豆市修善寺生まれ。
大手デベロッパー、ハウスメーカー、地元ゼネコンにてトップ営業マンとして活躍。
建設業界に蔓延する丸投げ、下請け構造が有能な大工・職人の活躍の場を制限し、作業員化させていることを痛感。顧客と大工の関係性も希薄化している現状に「このままでは世界に誇る日本建築や大工の精緻な技術が廃れてしまう」と1989年、41歳で株式会社平成建設を静岡県沼津市にて創業。
2011年 グッドデザイン賞受賞(大工集団を育成するシステム)
2013年 経済産業省による「おもてなし経営企業選50」に選出
2019年には創業30周年を迎える。日本の文化伝統を守る一翼として、さらなる飛躍が期待される。

 
15:00 ~ 15:45

集合住宅におけるオートロックインターホン市場の現状と動向

(株)千葉通信システム 代表取締役
渡辺 正明

渡辺 正明
詳細 ▼

集合住宅におけるオートロックインターホンは今や入居者希望設備ランキングの1・2位を競うほどになっている。本セミナーでは特に新築・リニューアル・後付けそれぞれの市場を解説し、市場に合ったソリューション展開を行っている施工事例を多く紹介する。オートロック無しマンションにどうやってインターホンオートロック化が可能か多くのヒントが得られるはず。IPインターホンが台頭し始め、「IPインターホンがつくる 新しい市場」についてもその将来性を解説する。

プロフィール

NEC入社後、通信システム・通信機器の開発に従事し、その後海外・国内市場に対するマーケテイング・商品企画部門を経て、1994年に(株)千葉通信システムを設立。
創業時のビジネスホン・複合機等の通信OA機器の販売・工事から、現在はネットワーク構築、防犯カメラ、セキュリテイシステム、インターネットマンション、オートロックシステムへと事業を展開中。近年の集合住宅におけるセキュリティニーズの高まりもあり、オートロックインターホンの需要は多く、特に築15年以上のオートロック無し物件には、それぞれの建物に応じ提案・施工した数多くの実績がある。

入場料2,000円が無料になる来場事前登録はこちら
入場料2,000円が無料になる来場事前登録はこちら

ページ上部へ戻る